月別アーカイブ: 2014年9月

コンタクトレンズの利点

子供のころから目が悪く、ずっと眼鏡をかけてきました。それをコンタクトレンズにかえたのは眼鏡が顔の印象を作っていると思ったからです。最初はレンズを目に入れるのがとても怖くて、病院での練習のときは手が震えてしまいましたが、慣れるものですよね。
コンタクトレンズの利点は、なんといっても視界が遮られないことだと思います。眼鏡はフレームがあるし、ノンフレームでもレンズを越えればそこが境目となります。その境目はやっぱり見づらいですよね。でもコンタクトレンズならその手の心配はありません。目が悪くなかったころと同じように、ものを見ることができるのです。
ほかの利点としては、顔の印象を変えないということだと思います。仕事用、遊び用と眼鏡を使い分ける方もいますが、そう何本もたくさん持っている人というのは少ないでしょう。最近は安価なものがあるとはいっても、例えば服の色に合わせてコーディネート、とかは難しいですよね。なんか眼鏡だけ浮いてしまう、そんなこともあると思います。
でもコンタクトレンズはそんなことがないんですよ。だって目の中に入っていますから。それを実感したのは友達の結婚式に出たときです。どんな色の服でも大丈夫というのは嬉しかったですね。私は赤系が好きで眼鏡はそんな色ばかりだったものですから、服装も自然とそうなって……というのが続いていましたから。
やはりここぞというときにはコンタクトレンズ。便利です。

>>> ソフトコンタクトレンズの正しいケア方法(日本コンタクトレンズ学会)