月別アーカイブ: 2017年4月

【勤務時間外の飲み会は、是か非か!?】

会社勤めをしていて、避けては通れない事、と言っても過言ではないのが、
会社の勤務時間外の飲み会です。
「職場の親睦を図るため」に、勤務時間外に飲み会を開催するというのは、多かれ少なかれ、何処の会社でも見られる光景だと思われますが、
この、「勤務時間外」に、わざわざ「会社の人達」とお酒を飲みに行くという「飲み会」が、嫌で仕方が無いという人も、かなり多いのではないでしょうか。

そもそも、会社とは、働いてお金を稼ぎに行く所であり、勤務時間が終われば、完全なプライベートな筈。
それなのに、何故、そんな貴重なプライベートな時間を、わざわざ、仕事でもないのに、会社の人達との飲み会などに割かなければならないのか…。
勿論、みんなでお酒を飲む事により、お互いの親睦を深め、仕事が円滑に進むようにしたい、というのが、会社の飲み会の意義ではあるでしょう。
しかし、会社の飲み会というのは、勤務時間外でありながら、事実上、仕事の続きのようなもの、
何故、仕事が終わってまで、好きでもない会社の連中と、お酒を飲まなければならないのかと…果たして、そんなに嫌々参加した飲み会で、
楽しくお酒を飲む事が出来るでしょうか?

「飲みニケーション」と称し、やたらと、部下を飲み会に誘いたがる上司の人は、
基本的には、部下は上司とは、嫌々、お酒を飲んでいる、という気持ちが根底に有る事を、理解しておく必要は有るかと思います。
しかし、私としては、会社の飲み会自体を、全く否定しているわけではなく、時には、お酒を飲みながら親睦を深める集まりが有っても良いかと思います。

しかし、それは頻度の問題で、あまりに頻繁に、しかも半ば強制的に、部下を強引に参加させるような飲み会は、全く時代錯誤でナンセンスだと思います。
どうしても飲み会をやりたければ、忘年会などの重要な節目で、しかも、完全に自由参加にするのであれば、それならば、負担に思う人も、随分と減るのではないでしょうか。

世の中、好きでもない人達と、嫌々、お酒を飲まされる事ほど、つまらなくて無益な事は、そうそう無いでしょう。
という事で、勤務時間外の強制的な飲み会が、時代遅れの代物として、やがては完全に廃れて行く事を、願ってやみません。